ヨールキ・パールキ

孕み神と憑かれた姪 1話ネタバレ

孕み神と憑かれた姪

ミステリアスかつ意味深なタイトルですね。

 

孕み神とはどのような存在なのか?

 

その神に憑かれてしまった姪とはいったい。

 

ヨールキ・パールキ先生がおくる作品

 

じっくり堪能してくださいね!

 

この作品は公式サイトで安心の

 

BookLive!コミックで読むことが出来ます!

 

難しい登録なしで無料試し読みも

 

できちゃいます。

公式サイトで安心のBookLive!コミック

無料試し読みはコチラ↓

登場人物

・主人公 叔父さん

都内で歴史教師をしていたが、

 

数年前に他界した両親の家を継ぐこととなり、

 

引っ越すことに。少し離れた町の高校で教師をしている。

 

・西内ゆい

兄の娘で主人公の姪にあたる。

 

もともと都内暮らしだが先日交通事故で父親が急死。

 

母親は彼女が生まれると同時に亡くなっている。

 

引き取り手がないため叔父の主人公と暮らすことに。

 

無料試し読みはコチラ↓

孕み神と憑かれた姪 1話ネタバレ

「叔父さん・・・たすけて」

他界した両親の家を継ぐことになり

 

都内から引っ越してきた主人公であった。

 

兄もいたのだが、先日仕事先で事故死してしまう。

 

その一人娘の姪は生まれた時に母も亡くしてしまって

 

いたので叔父である主人公が引き取ることになった。

 

姪の名前は西内ゆい。

 

同居生活が始まりそれまでに親交もあったので

 

仲良く暮らしていたのだが、最近少し様子が

 

変わってきたように感じていた。

 

ある夜のお風呂上り、

 

ゆいの寝室の前を通り過ぎようと

 

したとき驚きの光景を目の当たりに

 

してしまうことに。

 

ゆいは体をビクつかせながら

 

自慰行為をしていたのであった。

 

幼い時から成長を見ており

 

性の対象として見ていなかったので

 

とても衝撃的なものであった。

 

その瞬間いままでの認識は覆り

 

自分のモノを硬くしてしまっていた。

 

姪には気づかれないように、

 

モンモンとしながらも

 

何事もなかったかのように過ごしていたが

 

ある日それは起こった。

 

台所で大きな音がしてゆいが

 

体を小刻みに震わせ涙目になりながら

 

「叔父さん・・・たすけて」と。

 

心配になり慌てて駆け寄ると

 

ゆいは抱き着いてきて

 

「おかしいのずっと、身体・・・熱くて」

 

そういいながら、ゆいは叔父のチャックを下した。。。

 

無料試し読みはコチラ↓

孕み神と憑かれた姪 1話感想

1話からすごい内容でしたね。

 

いろいろと難しいお年頃の

 

可愛らしい姪のゆいちゃんが

 

一人でしてるところを

 

こっそり見るだけでも大興奮なのに

 

アレをあんな風にされてしまうなんて。

 

叔父さん羨ましいかぎりです。

 

自分があんな状況にもしなってしまったら

 

どうしてしまうでしょうか?

 

やっぱりなすがままになってしまうでしょうね。

 

実は理由ありみたいなゆいちゃん。

 

詳しい話是非聞きたいですね。

 

 

無料試し読みはコチラ↓