ヨールキ・パールキ

孕み神と憑かれた姪 3話ネタバレ

孕み神と憑かれた姪 2話あらすじ

我に返ったゆいを捕まえて

 

事情を聴き出すことに成功する。

 

ゆいの通学路の途中にある小さな神社で

 

ある日お社の前で体内に何かが入り込むような感じがして

 

怖くなり急いで帰ってきたが、その夜から

 

身体に異変を感じはじめたらしい。

 

それ以降男の人を見ると

 

おなかが変になってしまう症状が。

 

特に叔父の前ではそれが酷くなるという。

 

この件の情報を村の高齢者の家の資料から

 

「珠玉神社と孕み神」が関連していることを知る。

 

ゆいの症状を鎮める方法とは・・・。

 

公式サイトで安心のBookLive!コミック

無料試し読みはコチラ↓

孕み神と憑かれた姪 3話ネタバレ

「これから子作りセックスするよ・・・」

孕み神の症状を鎮めるための方法を

 

村の老人の家の古い資料から知ることができ

 

その方法を伝えた叔父はゆいにお願いされる。

 

叔父もゆいも孕み神関係なくお互いのことが

 

好きであったためゆいのお願いは叔父にすんなり

 

受け入れられることとなった。

 

孕み神の影響でほてり

 

敏感になりまくっているゆいの身体は

 

すぐに反応する。

 

白くてきれいな形の乳房、ピンと立つ乳首。

 

叔父のあそこもゆいに反応しすぐに硬くなる。

 

がばっと開いた白い太ももの両足

 

目の前に広がるゆいのうずく部分。

 

叔父のいきりたつ熱いあれを

 

ゆっくりとゆいの膣中に挿入していく。

 

ゆいの初めての膣内は熱く絡みついてくる、

 

それと同時にすごい締め付け。

 

あまりの気持ちよさに叔父は

 

ゆいの中に精〇を思い切り出してしまう。

 

孕み神の効果もあり出されたことによる

 

刺激でゆいの子宮内も感じまくり果ててしまう。

 

しかし、一度果てたくらいでは止まらず・・・。

 

公式サイトで安心のBookLive!コミック

無料試し読みはコチラ↓

孕み神と憑かれた姪 3話感想

今回もまたまたすごい展開になりましたね。

 

ついに叔父さんとゆいは

 

繋がるところまで繋がっちゃいましたね。

 

ズブリと奥深くまで。。。そして膣内にもたっぷりと。

 

孕み神の影響もだいぶんあるかもですが

 

ゆいちゃんの濡れっぷりとエロっぷりには

 

ほんと圧倒されました。

 

言動もさることながら、涙目とたっぷりのよだれ。。。

 

ヌルヌルで、ジャボジャボで

 

あの部屋ではすごいいやらしい音がしてそうです。

 

とはいえ孕み神とはどのような存在なのか気になりますね。

 

これから叔父さんとゆいちゃんは

 

どんな風になるのでしょうか?

 

次回が気になりますね!

 

公式サイトで安心のBookLive!コミック

無料試し読みはコチラ↓