ヨールキ・パールキ

孕み神と憑かれた姪 4話ネタバレ

孕み神と憑かれた姪 3話あらすじ

孕み神を鎮めるためには

 

ある方法しかなかったのであった。

 

それは、ゆいを孕ませることであった。

 

相思相愛であったため、ゆいが孕ませてと

 

頼むと二つ返事で引き受ける叔父であった。

 

孕み神のせいで体中が性感帯のようになっているゆいは

 

涙、口からよだれ、あそことあらゆるところを濡らしていた。

 

そんなエロい状態のゆいに応えるように

 

叔父のアレもビンビンになっていた。

 

ゆいの初めてをズブズブと叔父のアレが貫いていく。

 

絡みつき締りのいい膣内に叔父はあっという間に・・・。

 

公式サイトで安心のBookLive!コミック

無料試し読みはコチラ↓

孕み神と憑かれた姪 4話ネタバレ

「孕み神を宿す膣内で萎えることなく何度も・・・」

幾度もゆいの中に性〇を

 

流し込んでいる叔父のアレは萎えることなく

 

ゆいの膣内をかき回し続ける。

 

後背位で思い切り攻める叔父、言葉に

 

ならない声を上げるゆい。

 

さらに流し込まれる叔父の性〇。

 

孕み神のせいで、もっともっと中に欲しいと

 

うつろな目でよだれを垂らしながらねだるゆい。

 

体制を変え対面座位でさらに下から突き上げる叔父。

 

どんどん激しさを増しよがるゆい。

 

乳房を吸われながら責められさらにイキまくる。

 

足をビクつかせながもさらに感じている。

 

叔父は引き抜いたアレを

 

ゆいのクリ〇リスにこすりつける。

 

この刺激にも声にならない声を出して感じてしまう。

 

さらにこすり続けていると

 

ついにゆいの体の中からあるものが・・・!!

 

公式サイトで安心のBookLive!コミック

無料試し読みはコチラ

孕み神と憑かれた姪 4話感想

今回のゆいと叔父もすごかったですね。

 

エロさ大爆発でした。

 

汗、涙、よだれ、精液、あらゆる

 

汁という汁が出まくっていた感じですね。

 

お互いがあれだけイキ続けるというのは

 

なかなか体験できないのでほんと凄いことですよね。

 

ゆいは孕み神の力もかなり影響している

 

と思いますが叔父さんも相当な絶倫ですよね。

 

精力剤とかなしでもあんなに連発して

 

さらにビンビンとか。

 

う~ん、羨ましい限りです。

 

もしかすると、孕み神の効果が

 

ゆいだけではなく、叔父の方にも

 

多少は影響を与えているのかもしれませんね。

 

製造工場も大忙しですね!!

 

もう、ゆいのなかにはどのくらいの量の

 

叔父さんが流れ込んでいるのでしょうか?

 

果たしてゆいは無事に叔父さんとの子供を

 

孕むことはできるのでしょうか?

 

次回の展開気になりますね。

 

今回のゆいの姿もしっかり見てくださいね。

 

公式サイトで安心のBookLive!コミック

無料試し読みはコチラ↓