カラミざかり

カラミざかり 2話ネタバレ

カラミざかり 1話あらすじ

とある高校の教室で、

 

ラブホテルの話題で盛り上がる女子高生。

 

その話を聞いていた高成と貴史もまた

 

スマホでAV女優の話で盛り上がっている。

 

この子、里帆に似てないか?と貴史が高成に問いかける。

 

「か・・・、髪型だけだろ。」と高成。

 

貴史の後ろに忍び寄る影、さっとスマホを奪っていく。

 

クラスメイトの智乃である。

 

すかさず里帆にスマホの画面を見せ

 

「えー?似てる~?」と里帆に問いかける。

 

頬を赤らめながらも無言の里帆。

 

あんたらこんなの見て

 

ほんとドスケベだと智乃にいわれる二人。

 

里帆に悪印象持たれては困ると

 

高成は弁解しようとするもチャイムが鳴ってしまう。

 

里帆に誤解されてないか気になり

 

授業中里帆の方を見ていると

 

視線を感じた里帆が高成の方を見る。

 

目が合いお互い頬を赤らめてしまう。

 

その夜、高成は里帆に似ているAV女優が

 

出ているAVでオ〇ニーしてしまう。

 

同じAVで里帆もまた。。。

 

無料試し読みはコチラ↓

カラミざかり 2話ネタバレ

「あんまりじろじろ見ないでよ、恥ずかしいじゃん」

貴史が高成についに手に入れた

 

アレの話で盛り上がっていると

 

そこに智乃と里帆も現れる。

 

「また、エロ話してんのー?」と智乃。

 

「健全な男子は・・・」と言いかけたところで

 

先生が現れ貴史と智乃に

 

プリントを運んでほしいと頼みに。

 

残された高成と里帆。。。

 

恥ずかしそうに里帆に話しかける高成。

 

里帆が高成に夏の予定を尋ねてきた。

 

予備校に行く予定だと答える高成。

 

聞き返すと里帆は智乃と海に行く予定だと言う。

 

一緒に行きたいなと思い貴史を誘って

 

4人でいかないかと言いかけたところで

 

貴史と智乃がプリントをもって帰ってくる。

 

話は途切れてしまったままその場は終わる。

 

プールの授業時間、貴史は一方的に高成に

 

女子の体についてあれこれ批評している。

 

放課後になり帰りみち、高成と貴史が話している。

 

貴史は野球部に所属してるが怪我で休んでいる身。

 

もうそろそろ戻らなくていいのかと高成は貴史に聞く。

 

体はほぼ治ったけど、夏暑いんだよなぁ。。。

 

と話していると後ろから、智乃が話しかけてくる。

 

朝話してたアレ見せてよ。と唐突に言ってきた。

 

はぁ、そういうのは見せるもんじゃないと嫌がる貴史。

 

「じゃぁみんなに言うよ。」と智乃。

 

アレのことをみんなや、貴史のおきにいりの先輩にも

 

言いふらすと脅してきた。

 

仕方なく智乃に言い負かされ貴史の家に4人で

 

アレを見に行くことに。。。

 

「わ、やわらか。見て里帆。」

 

好奇心旺盛な智乃はアレを触っている。

 

さらに智乃の好奇心はエスカレートしていく。

 

「使ってみてよ。」と智乃。

 

「ムスコ元気になんないと使えないんだよ。」と貴史。

 

「・・・まぁ、お前がオカズになって

 

そんでこれ使ってしごいてくれんならいいけどな。」

 

と無茶な冗談であきらめさせようとして言ったのだが

 

「いいよ。」と智乃が言い放つ。。。

 

無料試し読みはコチラ↓

カラミざかり 2話感想

 

まさかの展開にドキドキでしたね。

 

ごく普通などこにでもありそうな流れから

 

じわりじわりと忍び寄るエロい感じ。

 

智乃の好奇心はとどまることを知らないというか

 

この夏に一気にはじけようとしているのか。

 

この四人に待ち構えているのは

 

これからどんな展開でしょうか?

 

気になる次回をお楽しみに!!

 

無料試し読みはコチラ↓