カラミざかり

カラミざかり 3話ネタバレ

カラミざかり 2話あらすじ

貴史がオ〇ホを手に入れたと

 

学校の廊下で高成に話していると

 

そこに智乃と里帆がやってくる。

 

「またエロ話してんのー?」と智乃。

 

「健全な男子は・・・」と言い返していると

 

そこへ先生がきて貴史と智乃に

 

用事を頼み話が中断する。

 

放課後、高成と貴史が一緒に帰っていると

 

そこに智乃と里帆が後ろからきて

 

朝の話の続きを切り出してきた。

 

オ〇ホを見せてほしいと

 

智乃が貴史に言ってきた。

 

貴史が人に見せるもんじゃないと嫌がると

 

「じゃぁみんなに言うよ。」と智乃。

 

さすがにそれは困るので渋々見せることになり

 

高成と貴史、智乃と里帆の4人は

 

貴史の家へと向かう。

 

貴史はオ〇ホを智乃に見せると

 

さらに無理な注文をしてきた。

 

「使ってみてよ。」と智乃。

 

「ムスコが元気にならないと使えないんだよ。」

 

「・・・まぁ、お前がオカズになって

 

そんでこれ使ってしごいてくれんならいいけどな。」

 

と無茶ぶりをしてあきらめさせようと貴史は言うが

 

「いいよ。」と智乃はまさかの返事をする。

 

貴史は椅子に座り、その正面に立つ智乃は

 

おもむろにスカートをまくりあげる・・・。

 

無料試し読みはコチラ↓

カラミざかり 3話ネタバレ

「へへ、きれーにしてやったぞ」

智乃は恥ずかしがりながらも

 

スカートをまくり上げ

 

指で下着を横へずらし

 

貴史の目の前に割れ目をさらす。

 

すぐに貴史のアレも反応して勢いよく反り返る。

 

智乃はオ〇ホの使い方を貴史に教えられながら

 

貴史のアレをオ〇ホ越しにしごいていく。

 

二人の様子を後ろから無言で見つめる高成と里帆。

 

貴史は気持ちよくなりつつも

 

智乃の胸を触らせろと要求すると

 

二つ返事で良いよと智乃。

 

弾力性のあるむちっとした胸を

 

服の上から、さらにはボタンを

 

はずして直に触り続ける。

 

智乃の胸をもみながらイッてしまう貴史。

 

貴史はオ〇ホを外して

 

ティッシュを取ろうとしていると。

 

智乃はまさかの行動に・・・。

 

無料試し読みはコチラ↓

カラミざかり 3話感想

今回は一気にいやらしい展開になってきましたね。

 

放課後の帰宅途中の見せてよ、嫌だで

 

終わりそうなところから、見せることになるのが

 

良いところですよね。

 

貴史と智乃の二人だけならまだしも

 

その様子を無言で

 

後ろから見ている高成と里帆。

 

こんな光景をまじかに見せられていたら

 

目から伝わった情報は

 

後ろで見ている二人にも

 

濡れさせる命令を脳は出しているに

 

違いありませんよね。

 

最後にまさかの智乃の行動は

 

個人的にはめっちゃよかったところです。

 

この後、貴史の部屋では

 

どんな展開が繰り広げられるのでしょうか?

 

次回も目が離せませんね!!

 

無料試し読みはコチラ↓