カラミざかり

カラミざかり 6話ネタバレ

カラミざかり 5話あらすじ

貴史が智乃にオ〇ホを見せるところから始まり

 

流れから一気に貴史と智乃は初体験までしてしまう。

 

その興奮状態のまま貴史は後ろで見ていた

 

高成と里帆をも強引にベッドへと引きずり込む。

 

一つのベッドに4人入り乱れる感じで。

 

貴史は里帆と重なり、

 

智乃は高成と重なり合う。

 

舌を絡ませ、手は相手の性器の部分へと。

 

されるがままの未体験の二人。

 

貴史はヌルヌルになった里帆の割れ目を

 

舌で舐め上げる。

 

智乃は硬くなった高成のものを口に含み

 

そして音をさせながらしゃぶりつく。

 

「ぃた・・・っ」と里帆の声。

 

なんと貴史がゴムをつけ

 

今にも里帆のまだ破られていない膜を

 

破ろうかという状態であった。

 

しかし、智乃にしゃぶられながら

 

その様子を見ていると

 

貴史のアレは里帆の割れ目に・・・。

 

カラミざかり 6話ネタバレ

「放課後、またウチでさ・・・」

衝撃の日の翌日の朝

 

校舎の下駄箱のところで

 

貴史が高成に声をかける。

 

「昨日、まじ最高だったな」と貴史。

 

だが高成は一瞬目が点になり

 

貴史が里帆の初めてを奪ったことを

 

頭の中で振り返っている。

 

話を続けている貴史に登校してきた

 

智乃が「ばっかじゃないの、あんたってホントデリカシーないよね」

 

と怒っている。

 

高成は授業中も昨日の里帆の姿を振り返っていて

 

先生に質問されるも答えられずにいた。

 

プールの授業が始まり出欠確認すると

 

さっきまでいたはずの

 

貴史と智乃の姿がみあたらなくなっていた。

 

クラスメイトもさっきまでいたよな

 

あいつらさぼりだなと。。。

 

なぜか無言で頬を赤らめる里帆。

 

高成は貴史と智乃の行動に

 

なんとなく気付いてしまう。

 

校内の男子トイレの一室から

 

いやらしい音と声がかすかに聞こえている。

 

そこには貴史と智乃がまさかあんな姿で・・・。

カラミざかり 6話感想

前回が衝撃的だったこともあり

 

多少落ち着いた感じには見えましたが

 

実体験したとしたなら今回の内容も

 

かなりいやらしい記憶になると思います。

 

それにしてもほんと貴史は欲望のまま

 

突っ走ってるなぁ。

 

智乃も好奇心と快楽に目覚めたのか

 

貴史の無茶にもどんどん付き合ってる。

 

お互い恋愛感情はおそらくないんだろうけど

 

そういう気軽なセフレ仲間なんでしょうね。

 

シチェーションやコスチュームを

 

見ると今回も興奮ポイントはバッチリありありです!!

 

一見の価値ありですよ!!

 

次回の展開はまた気になるところですね。