カラミざかり

カラミざかり 9話ネタバレ

カラミざかり 8話あらすじ

高成はようやく里帆と

 

今回は落ち着いてできるのかと思いきや

 

貴史のまさかの提案でお預け状態をくらう。

 

さらに貴史がアレを二人に舐めさせるところを

 

真後ろでじっと見ているしかない状態。

 

里帆のスカートから丸見えの下着に興奮し

 

後ろから強引に里帆に挿れようとする高成。

 

まだ濡れていない里帆が痛がってしまう。

 

里帆を濡らしてやるよと、貴史が里帆に

 

愛撫をはじめ里帆にも自分のを舐めさせる。

 

お預けの上にさらにお預けをくらった

 

高成の顔はみるみる紅潮していき我慢の限界に達し

 

里帆の準備ができるやいなや

 

すごい勢いで里帆の中に・・・。

 

無料試し読みはコチラ↓

 

カラミざかり 9話ネタバレ

「問題です。どっちがどっちでしょう?」

高成が里帆と初体験を済ませてからは

 

理性がなくなってしまったかのように

 

毎日放課後に貴史の家へ集まっては

 

やりまくっていた4人。

 

ある日も、4人でやっていたとき

 

貴史が里帆相手にしようとしたとき

 

ゴムを切らしてしまう。

 

「・・・な、生で挿れていい?」

 

「ぜってー外に出すから、な?」と強引な貴史。

 

「・・・ぜったい、外に・・・」と言って

 

押し切られてしまう里帆。

 

「あー、生ま〇こいいわー」と貴史。

 

その様子を横で智乃に騎乗位されながら

 

見ている高成のあれはさらに硬さを増す。

 

激しく腰を上下に振りながら

 

高成の乳首を舐める智乃。

 

生の気持ちよさで早めに果てそうになる貴史は

 

慌てて里帆から抜いておなかの上に

 

精液をぶちまける。

 

高成もそれとほぼ同じくして

 

智乃の中でイってしまう。

 

貴史はまだ精液が滴っているあれを

 

里帆に舐めて掃除させる。

 

夏休みが始まり

 

高成は予備校に二週間ほど

 

毎日通うことになっていた。

 

貴史と智乃と里帆の3人は

 

夏休みに入っても毎日のように

 

貴史の家で入り乱れていた。

 

高成が予備校の昼休みに昼食を食べていると

 

携帯に貴史からの連絡メッセージが・・・。

 

無料試し読みはコチラ↓

 

カラミざかり 9話感想

夏休みに入る前の4人で

 

入り乱れているシーンかなりエロくて

 

良かったです。

 

智乃や里帆のいろんなところが

 

バッチリ見れます!!

 

あれだけ夏休み前に毎日のように

 

やりまくっていて

 

予備校に通いだしてからは

 

ほぼ禁欲生活の高成に

 

あのメッセージは貴史も

 

ほんと罪な男だなと思いました。

 

8話のタイトルだろそれはと

 

言いたいところですが

 

今回も貴史は罪な男でした。

 

どんな罪な男なのかは本編で!!

 

今回も最後は気になる終わり方でした。

 

次回どうなるかお楽しみです!!

 

無料試し読みはコチラ↓