カラミざかり

カラミざかり 10話ネタバレ

カラミざかり 9話あらすじ

放課後には決まって4人で集まり

 

入れ替わり立ち代わりで

 

連日カラミまくるのが

 

当たり前となっていた。

 

ある日、貴史が里帆としようとしたときに

 

丁度ゴムを切らしてしまう。

 

買いに行くという選択肢はなく

 

「・・・な、生で挿れていい?」

 

「ぜってー外に出すから、な」と押しの貴史。

 

押しに切られる形で貴史に生を許してしまう里帆であった・・・。

 

夏休みに入り高成は2週間毎日予備校に行くことに。

 

予備校で昼食をとっていた高成に貴史から来た

 

メッセージに添付されていた写真には!!!

 

無料試し読みはコチラ↓

カラミざかり 10話ネタバレ

「すげーだろ?開発しちった」

貴史のメッセージに居てもいられなくなった高成は

 

予備校を抜け出して、貴史の家の前まで来てしまう。

 

なぜか少し玄関が開いていたので

 

そっと入ると女性用のサンダルが一足。

 

そっとそのままお邪魔して二階に上がると

 

貴史の部屋の扉が開いていて

 

その隙間から見えたのは

 

なんと二人きりで貴史に口でご奉仕中の里帆であった。

 

音をさせながら貴史のアレをしゃぶる里帆。

 

さらに、乳首舐めながら、片手でアレをしごいてと

 

どんどん要求する貴史に素直に従う里帆。

 

その二人をしばらく隙間から見ていると

 

足音を立ててしまい、2人に気付かれてしまう。

 

一瞬えっという顔をするも

 

「なんだ来てたのかよ」と意外と平静な貴史。

 

ここしばらくは智乃も来ておらず

 

2人きりでずっとしていたと聞かされる。

 

「すげーの見せてやるよ」と貴史。

 

すると貴史は里帆の割れ目を

 

指で刺激し始めた。

 

貴史の手の動きが次第に激しくなり

 

それに合わせて里帆もどんどん感じていく。

 

いやらしい里帆の吐息と割れ目からの音が

 

貴史の部屋中に響く。

 

里帆がビクンと体をくねらせたその瞬間・・・。

 

無料試し読みはコチラ↓

カラミざかり 10話感想

今回のもかなりエロくてよかったですね。

 

ついこのあいだまで完全未経験だった里帆なのに

 

もうすっかり貴史に仕上げられ

 

AV女優顔負けのパフォーマンスを

 

身につけていっているし。

 

貴史のエロへの探求心に

 

助手の様に無心で協力していっている感じ!?

 

智乃がこれなくなっている間も

 

2人きりでも毎日来てるということは

 

里帆も実はかなりエロに

 

とりつかれている感じがしますね。

 

見た目とは違うギャップがあって

 

それはそれでいい感じです。

 

高成は後半で予備校に行っていて

 

禁欲を強いられていたのを

 

一気に放出するかのように

 

ひたすら里帆に向けて

 

獣のようになっていました。

 

まぁ、貴史からのメッセージみたら

 

やっぱああなってしまうでしょうけれど。

 

夏休みはまだ残っています。

 

4人はこの夏どんなふうに過ごしていくのでしょうか?

 

無料試し読みはコチラ↓